電話応対技能検定

2009年にスタートした 「電話応対技能検定(もしもし検定)」は、「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施しています。

電話応対技能検定 研究会リポート 特別対談 平田オリザ×岡部 達昭
実施機関表彰
高級レストラン、ホテルのスタッフがテーブルサービス技術を競う世界的大会「クープ・ジョルジュ・バティスト」。日本人初の優勝者が語る、サービスの本質(もしもし検定品質向上研究会レポート)
電話応対技能検定 研究会リポート 劇団四季「美しい日本語の話し方教室」

もしもし検定の特徴

1. 段階を踏んだスキルアップ

4級→3級→2級→1級と段階を踏んで講座を受講することで必要な知識を修得しながらステップアップしていくことができます。また、もしもし検定の講師として活動するための指導者級養成講座もご用意しています。

2. ビジネス上のコミュニケーション全般について学べます

カリキュラム全体の1/3程度が電話応対関係の講座、残りはビジネスマナー、言葉遣い、コミュニケーションに必要なスキルなどの隣接科目で、あらゆるビジネスシーンに対応する能力を養います。

3. 個人および企業全体の向上が可能

個人個人でのスキル向上と同時に、社内指導者を育成することで全体のレベル向上にも役立ちます。
【実施機関へ登録することで自社内で検定が行えます】
実施機関登録のメリット
①部外の研修機関による研修・検定に比べ、コスト削減
②自社の業務スケジュールに合わせた柔軟な研修が可能
③自社で使用しているマニュアルの活用が可能
⇒実施機関の認定要件はこちら

4. 受検申込み

電話応対技能検定「 実施機関一覧 」より、受検可能な地域の実施機関へお問い合わせ下さい。
なお、ご不明な点等がある場合は、以下の電話番号へお問い合わせ下さい。
TEL:03-5820-2071
公益財団法人日本電信電話ユーザ協会
電話応対技能検定事務局

級別(段階別)資格について

4級(入門級)

ビジネス電話に必要なコミュニケーションの基礎知識を有する。
*合格者は、3級の7時間以上研修(基本研修の一部と電話の研修)+実技試験のみで3級を受検できる
検定料1,000円(税別)

3級(初級)

ビジネス電話を行うためのコミュニケーションの基礎能力を有する。
*合格者は、2級資格を受検することが出来る
検定料5,000円(税別)

2級(中級)

ビジネス電話を行うためのコミュニケーションの応用能力を有する。
*合格者は、1級の資格を受検することが出来る
検定料6,000円(税別)

1級(上級)

ビジネス電話を行うための社内の指導者として高度な実践能力および指導能力を有する。
*合格者は、指導者級の資格を受検することができる
検定料7,000円(税別)

指導者級(S級)

電話応対に関する高度な知識、技能を有し、本検定の実施にあたっては、指導官や試験官などの役割を果たす
検定料 10,000円(税別)

基本的に3級から順に受講・受検いただきます。
ただし当協会が認定した方に関しては2級からの受検を認めます。
また、1級合格者で指導経験5年以上の実績がある方は指導者級を受検できます。

過去問題

過去の「もしもし検定」で出題された問題の中から、毎月一問ずつ追加掲載していきます。

指導者級養成講座案内

指導者級養成講座の受講生募集のご案内です。

委員会・専門委員会紹介

電話応対技能検定委員会・専門委員会を紹介しています。

電話応対技能検定(もしもし検定)における個人情報保護規定
電話オペレータ技能検定

再発行申請書
紛失・改姓などにより「電話オペレータ技能認定証」の再発行を希望する方は「再発行申請書」を印刷してお使いください。