• 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • 支部連絡先
  • 会員ログイン

チャレンジ!もしもし検定過去問題

電話応対の検定である、「もしもし検定」の試験問題は、電話応対に関する問題だけではありません。これは、「もしもし検定」の精神である、「お客さまに満足される愛のある電話応対のために、社会人として知っておきたいことをカリキュラムとしている」からです。このコーナーでは、「もしもし検定」の試験で出題された問題の中から、毎回一問ずつ掲載していきます。

問題と解説バックナンバー

もしもし過去問題集のご購入はこちら

一般の方及び会員の方はこちら
実施機関方はこちら
  • 問題
    個人情報保護法で、個人情報にあたるものは次の中にいくつありますか。次の選択肢から1つ選びなさい。

    ア.SNSで公にされている個人を識別できる情報
    イ.個人を識別できるメールアドレス
    ウ.亡くなった当人が苗字を名乗った録音音声
    エ.会社の職位と氏名
    オ.当人の生年月日
    カ.防犯カメラに映った当人の映像
    • 3つ
    • 4つ
    • 5つ
    • 6つ

    ※2020.12月号 テレコムフォーラム掲載問題(1級問題より)

    正解
    3

    個人情報とは生存する個人に関する情報ですので、亡くなった方の情報は含まれません。
    氏名は個人情報です。会社の職位だけでは個人情報になりませんが、本人の氏名と組み合わせられ、
    本人が特定できれば個人情報になります。

PAGE TOP