第60回 電話応対コンクール全国大会模様

第60回 電話応対コンクール全国大会 Remote

大会テーマチャンスを活かして、お客様の信頼をつかむ

2021年 11月 2日(火)、全国 57名の出場選手がそれぞれの職場などからリモートで参加した「電話応対コンクール全国大会」。ハウスクリーニングサービスを提供する企業の営業担当として、お客さまに満足していただける応対スキルなどを競いました。

 例年、晩秋に開催される「電話応対コンクール全国大会」は、開催地となる都市に全国から選手が集まり、応援、観覧する来場者の前でその技を披露し、技術を競います。
 しかし今回も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、前回に引き続き、選手が移動することなくそれぞれの職場などから参加する「リモート方式」で開催されました。
 選手はハウスクリーニングサービスを提供している「株式会社ユーザークリーン」の社員として、お客さまからの問い合わせに対応しました。
 通常の舞台での競技とは異なる方式での大会でしたが、より実際の電話応対に近いシチュエーションということもあり、選手それぞれが精一杯に気持ちを込め応対しました。
 この応対模様は選手の写真やプロフィールとともにインターネットを通じて全国に配信されました。審査委員は職場などからリモートで参加し、録音された競技音源を聞き審査が行われました

第60回電話応対コンクール 競技問題

第60回電話応対コンクール 審査基準

  

  • 大会スケジュール

    全国から集まった代表57名が実力を披露

  • リモートで参加した来賓及び審査委員

    審査委員はそれぞれがクラウドにアップされた競技音源を聞き、審査を行いました

    • 審査委員

    • 総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部長
      北林 大昌氏 

    •  
    •  

      東日本電信電話株式会社 代表取締役社長
      井上 福造氏

  • スタジオに集合した主催者役員

    • (公財)日本電信電話ユーザ協会
      前田 幸一 理事長(右) 中野 武夫 会長(中央) 侭田 達男 専務理事(左)

    • 審査委員長

  • 表彰式「入賞者発表、表彰式が行われました」

    リモートで参加した来賓及びスタジオに集合した主催者役員の立ち会いの下、表彰式が執り行われました。選手も全員がリモートで参加しました。優勝の栄冠に輝いた川村 若葉さんには総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部長 北林 大昌氏から総務大臣賞が授与されました。

    • [優勝] 川村 若葉さん

    • [準優勝] 陶山 佳代子さん

  • 電話応対コンクール60回の歩み

PAGE TOP