優秀賞受賞者

第60回 電話応対コンクール全国大会 Remote

優秀賞

  • 浜辺 京子さん

    兵庫県代表

    浜辺 京子さん

    株式会社アド・ダイセン(大丸松坂屋百貨店)

    前回はタイムオーバーしてしまったので、3分以内に収まるようにがんばりました。本番では「聴く力」を意識し、お客さまの意向をくみ取ることを心がけました。職場では、全国大会4回目のプレッシャーもある中、手厚いサポートをいただきました。

  • 唐澤 ひろみさん

    群馬県代表

    唐澤 ひろみさん

    株式会社コーポレーション宮澤

    全国大会は初ですが、県大会を含めると4回目です。オプションなどをおすすめする際、押しつけにならないよう、自然な流れで紹介するように気を配りました。皆さんの声が本当に励みになりました。自分だけでは、とてもここまで来られませんでした。

  • 寺嶋 さやかさん

    宮城県代表

    寺嶋 さやかさん

    イオンクレジットサービス株式会社
    カード北日本コールセンター

    日ごろから、業務中でもできるだけポジティブなご提案ができるように心がけています。会社ではチーム一丸で取り組んでくれて、私自身初めての挑戦で教わることが多い中、嫌な顔ひとつ見せず指導していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

  • 羽牟 智亜紀さん

    福岡県代表

    羽牟 智亜紀さん

    SBI損害保険株式会社

    まずは3分以内に収まって、良かったです。練習ではほかの大会も参考に、音源や先生の講評などを聞いて、自分に足りないものを研究しました。練習時間を快く与えてくれた会社や練習相手になってくれた皆さんのおかげです。感謝しています。

  • 坂東 香湖さん

    徳島県代表

    坂東 香湖さん

    株式会社テレコメディア 徳島センター

    4回目の出場となりますが、全国大会は初めてです。普段からホスピタリティを重視し、それをもとに聞き取りや提案を行い、喜んでもらえるような応対を心がけています。職場の皆さんには、メンタル面もフォローしていただき感謝しかありません。

  • 飯田 智也さん

    滋賀県代表

    飯田 智也さん

    株式会社滋賀銀行

    6回目の参加で全国大会は初めてです。練習を重ねて学んできたことは、ある程度発揮できたと思います。所属のCS担当の先輩には、貴重な時間を割いて練習をサポートしてもらいました。おかげで、全国に出場できました。

  • 靑木 沙樹さん

    高知県代表

    靑木 沙樹さん

    佐川急便株式会社 四国支店 高知営業所

    職場の皆さんと多様な想定質問を考えて、毎日20、30パターン練習しました。大会を通じて、何より傾聴することの大切さを再認識しました。また、それに気づけたからこそ入賞できました。このような機会を提供いただき、心より感謝いたします。

  • 大隅 砂江子さん

    神奈川県代表

    大隅 砂江子さん

    佐川急便株式会社 神奈川支店 座間営業所

    コンクールには何度も参加してきましたが、全国は初めてです。問題のどこから出題されるか分からないので、さまざまなパターンを想定して猛勉強しました。大会に向けて、もしもし検定2級も取得。会社を挙げて応援してくれたので、楽しく臨めました。

  • 池田 祐実さん

    京都府代表

    池田 祐実さん

    佐川急便株式会社 京都支店 京都南営業所

    全国大会は4回目です。年々コミュニケーション能力が問われる大会になっていると思います。普段から、お客さまの真意を聞き出せるよう心がけています。職場では、練習時間がとれるようにバックアップしていただきました。ありがとうございました。

  • 比嘉 健四郎さん

    沖縄県代表

    比嘉 健四郎さん

    SMBC日興証券株式会社

    全国大会は5回目で過去4回も優秀賞でした。何を聞かれても対応できるように、お掃除屋さんになりきって研究を重ねました。会社の多くの方に練習を見てもらったり、声をかけていただいたり、たくさん応援してもらい、非常に感謝しています。

  • 日野 めぐみさん

    長野県代表

    日野 めぐみさん

    三井住友海上火災保険株式会社

    普段の業務は事故の示談交渉ですので、その経験を活かしてお客さまの困りごとや気持ちに寄り添うことを心がけました。全国が初めてなのでプレッシャーもある中、職場では練習する時間を確保するために業務を調整していただき感謝しています。

  • 松本 景子さん

    長崎県代表

    松本 景子さん

    株式会社ジャパネットコミュニケーションズ

    競技開始と同時に緊張感がピークに。普段からお客さまの不安を払拭するように回答を工夫し、「電話して良かった」「この人で良かった」と思ってもらえる応対を目指して練習してきました。全国から、たくさんの応援をいだたき感謝しております。

  • 山下 寿子さん

    福岡県代表

    山下 寿子さん

    株式会社タカギ

    全国大会は4回目です。お客さまの不安に対して、前向きで安心してもらえる声がけを心がけてきました。本番では、ストップウォッチを忘れて焦ってしまったのが悔やまれます。リモート大会のため、すぐそばで応援をしてくれて心強かったです。

  • 小杉 裕美子さん

    東京都代表

    小杉 裕美子さん

    SMBC日興証券株式会社

    業務では年齢層が高い方からの電話が多いので、話すスピードもお客さまに合わせることを心がけています。全国大会に向けて、あらゆる質問をシミュレーションして、全国のセンターの皆さんに練習相手になっていただきました。感謝しております。

  • 寺内 里佳さん

    広島県代表

    寺内 里佳さん

    NTTビジネスソリューションズ株式会社
    カスタマーサクセス部
    カスタマーリレーション部門
    広島ビジネスコールセンタ

    3分間でお客さまとの信頼関係を築くために、話をよく聞き共感することを心がけました。声量が少ないのでしっかり発声し、回りくどくなりがちなので要約した表現にすることに注力しました。全社的な応援は非常に励みになり大きな力になりました。

  • 神津 佳奈さん

    長野県代表

    神津 佳奈さん

    株式会社NTT東日本-関信越 上田営業支店

    コンクール5度目の挑戦で全国は初出場。緊張しましたが、何とかやりきれました。お客さまがどんな思いで電話してきたのか、第一声を聞いて判断できるよう練習を重ねました。職場の皆さんには、不在時に仕事のフォローをしていただき、感謝の一言です!

  • 出田 友紀さん

    静岡県代表

    出田 友紀さん

    オークラアクトシティホテル浜松

    6回目で全国は初です。どんな質問にも応対できるように、たくさんのスクリプトを作って臨みました。普段から第一声が暗くなることがあるので、明るい発声を意識しました。職場の皆さんには、忙しい中協力してもらい感謝しかないです。

  • 津野田 壮広さん

    福島県代表

    津野田 壮広さん

    株式会社NTT東日本サービス 福島IPセンタ

    練習の成果が出せたので、悔いはありません。自分の言いたいことを話してしまうという課題があるので、相手の話をきちんと聞くことを心がけました。センタを挙げて応援してもらい、練習にも多くの人が関わってくれて、ただただ感謝です!

PAGE TOP