優秀賞受賞者

第61回 電話応対コンクール全国大会 in山口

優秀賞

  • 江口 真由さん

    東京都代表

    江口 真由さん

    株式会社帝国ホテル

    競技を終えて、解放された安堵感と終わってしまった寂しさが入り混じった気持ちです。これまではコンクールのための応対で臨んでいましたが、今回は普段の仕事での応対を毎回より 良くすることを目指し、そして普段どおりの応対で臨みました。

  • 田崎 愛子さん

    愛知県代表

    田崎 愛子さん

    佐川急便株式会社
    中京支店
    名東営業所

    お客さまの気持ちを察して寄り添えるよう、声にしっかり耳を傾けることを心に留め多くの練習を積んできました。そして、それらは普段の生活のすべてにも通ずることだと気づくこと ができました。

  • 沼田 三枝さん

    東京都代表

    沼田 三枝さん

    エステー株式会社

    時に厳しく、時に優しく指導、サポートしてくださった部署の方々には感謝しかありません。それなしではやり遂げられなかったと思います。これらの経験によって、普段の応対も成長できたのではないかと感じています。

  • 松下 祥子さん

    愛媛県代表

    松下 祥子さん

    株式会社ベネフィット・ワン

    全国大会は2回目の出場です。会話の緩急や声の抑揚を意識して練習してきました。普段は電話応対が主なのですが、練習の成果が普段の応対にも活かされていると実感しています。支えてくれた職場の皆さんには感謝しかありません。

  • 柴山 順子さん

    奈良県代表

    柴山 順子さん

    サロンドロワイヤルコールセンター
    (株式会社ティンクル)

    全国大会参加は初めてです。コンクールに参加し、「人の話を良く聞くこと」について改めて考えさせられました。基本を大切に自分らしい応対を心がけます。参加にあたり、さまざまな支援を受けたすべての人に感謝を伝えたいです。

  • 東 千尋さん

    神奈川県代表

    東 千尋さん

    ダイキン工業株式会社
    東日本コンタクトセンター

    コンクールには4回参加し、全国大会は初めてでした。お客さまと社員、それぞれの相手との会話が自然なものになるよう意識して競技に臨みました。職場では、練習時間がとれるようにバックアップしていただき、大変感謝しています。

  • 島袋 幸恵さん

    東京都代表

    島袋 幸恵さん

    みずほ証券株式会社

    競技はあっという間に終わってしまい、実感がありませんが、コンクールに向けた練習などを通して学んだことは、自分にとって大きな財産になりました。お客さまも自分も幸せになれるような応対を目指してこれからも頑張りたいと思います。

  • 柳川 綾香さん

    埼玉県代表

    柳川 綾香さん

    株式会社ベルーナコミュニケーションズ
    川越オーダーレセプションセンター

    終わった時に楽しかったと思えるようにやってきて、その通り競技ができました。この挑戦の中で、言葉一つ違うだけで相手の取り方が異なってしまうことなどを改めて感じ、電話応対だけでなく、普段から話すことに責任を持つ自覚が生まれました。

  • 高木 啓一さん

    鳥取県代表

    高木 啓一さん

    株式会社不二家システムセンター
    鳥取事業所

    要件をまとめる練習を重ねてきましたが、本番でその成果を出せてホッとしています。このコンクールへの参加が、日々の応対を振り返るきっかけにもなっていて、原点に立ち返るためにも役立っています。

  • 藤本 かなえさん

    山口県代表

    藤本 かなえさん

    佐川急便株式会社
    中国支店
    岩国営業所

    全国大会出場のため、練習内容をいったんリセットして取り組みました。そうする中で普段の電話応対は早口になりがちという気づきがあり、ゆっくり確実に伝えることを意識するようになりました。今回の参加は人生の良い経験になったと感じています。

  • 鶴見 夕美さん

    愛知県代表

    鶴見 夕美さん

    株式会社M’sダイレクト

    話を聞いて担当者に伝えるというのが今回のポイントでしたが、話を要約することが難しかったです。心が折れそうになることもありましたが、上司や同僚からの温かい言葉が励みになりました。この経験を活かして今後の業務に活用していきたいです。

  • 小倉 輝大さん

    千葉県代表

    小倉 輝大さん

    株式会社千葉興業銀行

    当初は参加に前向きになれなかったのですが、会社をはじめサポートしてくださった方々や、聞き役をしてくれた妻など、周りの方々のおかげで、やりきることができました。競技を終えた今は感謝の気持ちがこみあげてきて泣きそうです。

  • 髙橋 恵理さん

    山形県代表

    髙橋 恵理さん

    株式会社ガオチャオエンジニアリング

    受話器の向こうにいるお客さまを想うこと、これを常に意識して大会に臨みました。お客さまへの感謝を言葉に表せられるようになったという実感があり、これまで以上に丁寧な応対をするようになったことが一番の成果だと感じています。

  • 髙倉 友愛さん

    福井県代表

    髙倉 友愛さん

    すててこ株式会社

    思ったより緊張することなく楽しくできました。講師の方からの助言を受けて、相手の方への思いや笑顔でいることなど自分らしさを見つめ直して臨んだ大会でした。仕事での応対でも、相手の持つ“間”に合わせ、傾聴できるようになったと感じています。

  • 原 和見さん

    長野県代表

    原 和見さん

    株式会社大和生物研究所

    やり切ったという思いが強く、悔いなく終えることができて嬉しいです。コンクール出場を通して、顔が見えないゆえに話し方一つで相手への伝わり方が大きく変わってしまう、電話応対の難しさ、奥深さを再認識することができました。

  • 齋藤 ひかりさん

    神奈川県代表

    齋藤 ひかりさん

    ダイキン工業株式会社
    東日本コンタクトセンター

    地区大会は5回、全国大会は初めての出場です。地区大会と違い、全国大会では設定のみでどのような質問が来るか分からなかったので、お客さまの要望をしっかり聞くことに専念しました。職場の皆さんには、さまざまな面でフォローしていただき感謝しかありません。

  • 西 幸恵さん

    石川県代表

    西 幸恵さん

    ヤマト運輸株式会社
    北陸コールセンター

    マイナス表現と早口なところが自分のウイークポイントだったので、全国大会出場に向けて改善を図りました。会社の皆がホームページにメッセージを書き込んでくれたり、たくさんの応援の言葉をかけてくれたりして、それを支えに頑張りました。

  • 原田 由香ん

    大阪府代表

    原田 由香さん

    大同生命保険株式会社

    練習では感情表現に力を入れ、日常生活でも笑顔でいることを心がけてきました。会社で普段接点のない方からも応援メッセージをいただいたり、職場でも手厚いサポートをしていただいたりと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

PAGE TOP