チャレンジ!もしもし検定(過去の問題)

電話応対の検定である、「もしもし検定」の試験問題は、電話応対に関する問題だけではありません。これは、「もしもし検定」の精神である、「お客さまに満足される愛のある電話応対のために、社会人として知っておきたいことをカリキュラムとしている」からです。このコーナーでは、「もしもし検定」の試験で出題された問題の中から、毎回一問ずつ掲載していきます。

問題と解説バックナンバー

もしもし過去問題集のご購入はこちら
一般の方及び会員の方はこちら
実施機関方はこちら

出題

【問題】※2019.5月号 テレコムフォーラム掲載問題(2級問題より)

取引先企業にメールを送信します。TOに複数のメールアドレスを入力する時、その順番として正しいものはどれですか。
次の中から一つ選びなさい。

  1. 役職の高い順
  2. 年齢の高い順
  3. 氏名の五十音順
  4. 特に気にしなくてもよい

解答

【正解】 4

送信者がメールアドレスを入力した順のとおり、受信者に表示されるとは限りません。送信側または受信側のシステムによって順番が変えられたり、受信者本人以外の同報されているメールアドレスを見えないようにしたりするシステムもあります。送信者が誤送信しないような順で入力すればよいでしょう。
したがって、4が正解です。

↑
PAGE TOP