チャレンジ!もしもし検定(過去の問題)

電話応対の検定である、「もしもし検定」の試験問題は、電話応対に関する問題だけではありません。これは、「もしもし検定」の精神である、「お客さまに満足される愛のある電話応対のために、社会人として知っておきたいことをカリキュラムとしている」からです。このコーナーでは、「もしもし検定」の試験で出題された問題の中から、毎回一問ずつ掲載していきます。

問題と解説バックナンバー

もしもし過去問題集のご購入はこちら
一般の方及び会員の方はこちら
実施機関方はこちら

出題

【問題】※2018.12月号 テレコムフォーラム掲載問題(3級問題より)

法で規定されている個人情報取扱事業者に当てはまらないものはどれですか。次の中から1つ選びなさい。

  1. 町内の会員情報を取りまとめている町内会
  2. 5,000人分以下の情報しか取り扱わない情報産業ではない企業
  3. 住民の個人情報を取り扱う市区町村
  4. 営利活動を行っていないNPO

解答

【正解】 3

地方公共団体は個人情報取扱事業者には当たりません。
地方公共団体(都道府県、市町村等)には、各地方公共団体が定める個人情報の保護に関する条例が適用されます。
したがって、3が正解です

↑
PAGE TOP