チャレンジ!もしもし検定(過去の問題)

電話応対の検定である、「もしもし検定」の試験問題は、電話応対に関する問題だけではありません。これは、「もしもし検定」の精神である、「お客さまに満足される愛のある電話応対のために、社会人として知っておきたいことをカリキュラムとしている」からです。このコーナーでは、「もしもし検定」の試験で出題された問題の中から、毎回一問ずつ掲載していきます。

問題と解説バックナンバー

もしもし過去問題集のご購入はこちら
一般の方及び会員の方はこちら
実施機関方はこちら

出題

【問題】※2018.1月号 テレコムフォーラム掲載問題(1級問題より)

次のメールに関する2つの文章を読んで、正しい選択肢を1つ選びなさい。
ア.メールのやり取りが続き、件名に「Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:……」と返信を表すRe:が続いても修正しない。
イ.メールを転送する時には、転送本文の内容を修正・書きかえは行わず、そのまま転送する。
ただし、転送本文中に、転送者が補足説明やコメントを挿入することは問題ない。

  1. アは正しく、イは誤り
  2. アは誤りで、イは正しい
  3. アもイも正しい
  4. アもイも誤り

解答

【正解】 4

ア.件名部分に「Re:」によって何回目の返信かが分かるというメリットもありますが、あまり連続するようであれば、削除・修正しても構いません。
イ.転送本文を修正したり、書きかえたりしてはいけません。
また、転送者が補足説明をしたり、コメント文を書き加えたりすることは控えましょう。
補足説明やコメント、転送の目的や理由などを伝えたい場合には、転送本文の前に、書いておくとよいでしょう。
したがって、4が正解です。

↑
PAGE TOP