• 入会のご案内
  • お問い合わせ
  • 支部連絡先
  • 会員ログイン

もしもし検定の特徴

2009年にスタートした 「電話応対技能検定(もしもし検定)」は、「お客様に喜ばれるビジネス電話応対」の実現、電話応対のエキスパートとして即戦力になり得る社内の指導者の育成を目的とした検定制度です。電話を受ける、かける等の電話応対やビジネスマナー、日本語の基本知識等の従来型の「電話応対教育」に加え、場面や人によって臨機応変に応対することができるコミュニケーション能力を養い、電話応対に生かしていく「新しいコミュニケーション教育」を実施しています。

もしもし検定の3つの特徴

  • 段階を踏んだスキルアップ

    • 4級→3級→2級→1級と段階を踏んで講座を受講することで必要な知識を修得しながらステップアップしていくことができます。また、もしもし検定の講師として活動するための指導者級養成講座もご用意しています。
  • ビジネス上のコミュニケーション全般について学べます

    • カリキュラム全体の1/3程度が電話応対関係の講座、残りはビジネスマナー、言葉遣い、コミュニケーションに必要なスキルなどの隣接科目で、あらゆるビジネスシーンに対応する能力を養います。
  • 個人および企業全体の向上が可能

    • 個人個人でのスキル向上と同時に、社内指導者を育成することで全体のレベル向上にも役立ちます。

実施機関へ登録することで自社内で検定が行えます

  • 実施機関登録のメリット

    • 部外の研修機関による研修・検定に比べ、コスト削減
    • 自社の業務スケジュールに合わせた柔軟な研修が可能
    • 自社で使用しているマニュアルの活用が可能
    • 実施機関の認定要件はこちら

もしもし検定受検お申込み

電話応対技能検定「 実施機関一覧 」より、受検可能な地域の実施機関へお問い合わせ下さい。

なお、ご不明な点等がある場合は、以下の電話番号へお問い合わせ下さい。
TEL:03-5820-2071
公益財団法人日本電信電話ユーザ協会
電話応対技能検定事務局

各種関連情報

更に詳しい情報については、以下を参照ください。

もしもし検定実施機関表彰

日本電信電話ユーザ協会では、毎年、電話応対技能検定の発展に貢献していただいた検定実施機関を表彰しております。

PAGE TOP